国内では、まだまだ馴染みが少ないと思われる投資方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)にCFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)というものがあります。CFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)とは、「Contact For Difference」の略で、現物株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)や債券など、実際の資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)を保有しないで、その売買価格の差を損益とする差金決済取引の事をいいます。CFDで取引可能な商品は、それぞれの業者により異なるんです。日本株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)や外国株(ネットでのトレードが主流となっていますね)などと言った「現物株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)」、世界のさまざまなマーケットの指数取引である「株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)指数」、貴金属(金や銀、プラチナの他にも、イリジウムなどがあります)などの商品を扱う「商品先物」、国債を指す「債券」、それに、「為替」と言った色んな商品の取引が可能となるのです。現在では、3000前後が投資対象商品となっていらっしゃるかもしれませんね。こういった商品を1つの口座で管理して、取引を行うのがCFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)取引となるでしょう。同じような差金決済取引として有名であるのがFX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)とはいえ、このFX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)はCFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)の中の「為替」のみを取引の対象としているのです。つまり、FX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)はCFD取引の中の一部と言う事になります。当り前ですが、FX(証拠金を担保として、証拠金以上の額の取引が可能になるのが魅力だといわれています)の大きな魅力でもあるレバレッジは、CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)取引でも利用することができます。FX(証拠金を担保として、証拠金以上の額の取引が可能になるのが魅力だといわれています)同じように、上手にレバレッジを利かせる事で、少ない資金でより大きな投資を行うことができるでしょう。CFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)は日本ではまだ馴染みが少ない取引方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)だと前述しました。でも、世界的に見て見たら、アメリカやフランス、ドイツ、イギリス(国旗のデザインがかっこいいですよね)などの先進国を始めとして、既に70ヶ国を超える国でメジャーな投資法の一つとして認識(人生経験などによっても大きく左右されます)されています。これから日本でも、御馴染の投資法として定着していくだと言えるでしょうー